最初は損したがアベノミクスの円安で儲かるように!

FXが注目されていた、歴史的な円高水準を推移していた2011年から2012年頃、私もその流れにのって取引を始めました。

取引のコツをつかむのは容易ではなく、最初のころは損失を出してしまったことがありました。
しかし、2013年現在、儲けを少し出しています。

なぜ儲けが出るようになったのかというと、私自身が取引に慣れたことに加えて、円安水準へ為替相場が推移したことが原因にあげられます。

2011年11月に当時の野田総理が衆議院の解散を宣言してから、安倍総理誕生への期待感から、急激に円高にふれるようになりました。

さらに、安倍総理が誕生し、大胆な金融緩和「アベノミクス」によりさらに円が売られ、気が付けば1ドル80円くらいだったのが、1ドル100円前後で推移するようになったのです。

私は1ドル70円台だったころに買い注文を入れており、放置しておいただけでかなりの利益を出すことに成功しました。

初期のころに出した損失をカバーでき、とても満足しています。

このページの先頭へ